首のイボ 薬

首のイボに効く治療薬ってどんなものがある? また、使ってはいけない薬は?

肌の老化が原因でできてしまったポツポツした首のイボを治したいと薬を使うことを考えている方も多いのではないでしょうか。 薬局に行けばたくさんの薬が売られていますが イボの薬といっても 首のイボには合わない物などもあるので注意して選ぶことが必要です。

 

首のイボにも効くかも?と 間違えて使ってしまいそうな薬をいくつか紹介しますね。

 

【首のイボには効かない薬】

 

普段使ってる肌トラブル用の薬や イボにいいといわれている薬を 首のイボにも効くかもしれない!と試してみたくなるかもしれませんが 何でも試してみたらいいというものではありません! 中には思わぬことになる場合も。 なので首のイボ専用でない薬は注意が必要です。

 

<イボコロリ>

 

イボに効果のあるイボコロリ。 首のイボもこれで治るかもしれないと思うかもしれませんが イボコロリは首のイボには向いていません。 イボコロリは 魚の目など 足の裏や手のひらにできる硬くなったイボに向いている薬です。 サリチル酸という成分が 硬くなった皮膚を柔らかくしてくれるのですが これを柔らかい皮膚の首などに使ってしまうと 強すぎて赤く炎症をおこしたりしてしまいます。 また皮膚が薄い部分は体の中にも浸透しやすいので こういう強い薬を使用する前には注意書きをよく読んで使う必要があります。 

 

<オロナイン軟膏>

 

オロナインは日本ではどこの家庭にもあるんではないか、というくらいよく使われています。 オロナインは ニキビや湿疹、火傷など 様々な皮膚のトラブルに仕様されています。 とりあえずオロナイン塗っておこう♪ と肌のトラブルがおきたら 何にでもオロナインを塗ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でも 首のイボは炎症やニキビなどとは違って 皮膚が老化したことにより皮膚細胞が蓄積したものなので オロナインを塗っても効きません。

 

<ステロイド軟膏>

 

ステロイドも皮膚の炎症に効果があります。 アトピーや様々な炎症を抑えるのに使用されますが 首のイボには効果がありません。 ステロイド系の薬は副作用も強いものです。 肌に塗り続けていると ステロイドが皮膚の下に溜まりそれが酸化して肌のトラブルを起こします。なのでステロイド系の薬は本当に必要な時に少しずつ使用するように気をつけてください。

 

 

<イソジン>

 

イソジンには殺菌作用がありウイルスを殺します。 一般的に首のイボは皮膚の老化が原因でウイルスは関与していません。 なのでイソジンを塗ったところで効果はありません。 イソジンは殺菌作用が強く 肌に塗っていると 肌の表面に住んでいる菌を全て殺してしまうことになりかねません。 肌の上にはたくさんの細菌が住んでいるのですが その菌がうまくバランスをとって肌の表面を守ってくれているのです。 その菌を全て殺してしまうと肌のバランスが崩れて肌が荒れてしまう原因にもなります。 

 

 

【首のイボに効果的な薬は?】

 

首のイボには首のイボに効果的な薬を探しましょう。 一言で薬といっても様々なものがあり 厚生労働省が認可した治療を目的とする医薬品、 厚生労働省が認可した成分が一定の量で使われている症状の緩和が目的な医薬部外品、そして 美容目的の効果が穏やかな化粧品に分けられます。

 

医薬品などは 効果が出やすいですが 一度皮膚科で相談してから使用した方が安全面ではいいかと思います。

 

医薬部外品、化粧品などは 効果が穏やかな分時間もかかりますが 体に負担の少ない選択だと思います。

 

杏仁オイルやハトムギのエキスを成分とした クリームやジェルがいろいろ販売されているので 好みで試してみてはいかがでしょうか。 また オリーブオイルや杏仁オイルを薬代わりに使用するという方法もあるようです。 少し時間はかかるようですが 自宅で安全にセルフケアできる方法なので安心ですね。

 

>>首のイボに効く化粧品のランキングはこちら

関連ページ

首のイボが痛い!何とかしたいとお悩みの方へ・・・
痛い首のイボは見た目が悪いだけでなく日常生活にも支障をきたしますよね。 痛い首のイボの除去法にはどんなものがあるでしょうか?